読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術と表現と

『技術と表現』をメインテーマに据えながら、自分の興味あることを日々綴っていきます

落合陽一の『魔法使い』論を考える (編集中)

Digital Nature メディアアート コンテンポラリーアート 感想

yamamoto-info.hatenablog.com

前回の記事は、落合さんに発見されるなど、twitter / facebook効果でPV数が結構ありました。

f:id:kenta-yam-124:20170317092643p:plain:w300

内容的には、コンテンポラリーアートの文脈から、落合さんを紐解くという内容で、
「魔法の世紀」でいうと2~3章の内容に相当する話をしていました。

ただ、あれだけ語ってみても、まだ不足しているなと感じる部分は多々あります。
それは、『メディアアート』そのものをもっと考えてみるという部分です。

前回の記事を読んだ方の中にも同じような感覚を持った方がいるかもしれません。
「なぜメディアを作ることがアートなのか、その根本的な説明がないのではないか」
おっしゃる通りです。
文脈を捨てるという意味では説明できていますが、根本的な説明はできていなかったという自覚があります。
そこで、今回はもっと『メディアアート』自体に踏み込んで考えてみたいと思います。

ちなみに、まだマクルーハンのメディア論の話は出せません。
ちょくちょく読んだりするのですが、きちんと理解できた気がしないので、
今後、文章に落とし込めるよう、精進していきます。

参考になっているもの

今回の記事を考えるきっかけになったのは、
坂根厳夫さんの著書「拡張された次元 ~芸術と科学の相克を超えて~」を読んだことであり、
そしてその本を読むきっかけとなったのは、またしても松岡正剛さんの千夜千冊でした。
(やはり、誰かの主観が入った文章で紹介されると、違って見えてきますよね。
特にその誰かというのが素晴らしい人であればあるほど)

790夜『拡張された次元』坂根厳夫|松岡正剛の千夜千冊

拡張された次元

ちなみに、著者の坂根厳夫さんがどういう方か。
プロフィールをあげておきましょう。

坂根厳夫(さかね いつお) SAKANE, Itsuo 

IAMAS (情報科学芸術大学院大学、国際情報科学芸術アカデミー)名誉学長(2003.4.1. - ) 

1930年、青島生まれ。
東京大学建築学科卒、同修士。
1956年、朝日新聞社入社。
佐賀支局、東京本社家庭部、科学部、学芸部記者、同編集委員を経て、1990年定年。
同年4月から1996年3月まで慶応義塾大学環境情報学部教授。
1996年4月から岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー学長、
2001年4月から情報科学芸術大学院大学学長を兼務、
2003年3月末同アカデミー及び大学院大学退官。

1970 - 71年ハーヴァード大学ニーマン・フェロー。
新聞記者時代には芸術・科学・技術の境界領域をテーマに取材・執筆、評論活動を行ない、
慶応義塾大学ではサイエンス・アート概論、環境芸術論、マルチメディア・ゼミなどを担当。
 IAMASではメディア文化特論、メディア美学を担当。
1976年以降、芸術・科学・技術の境界領域の展覧会企画プロデュースに数多く携わる。
ISAST (国際芸術・科学・技術協会)機関誌『Leonardo』共同編集者(1985 - 1996)同名誉編集委員(1996 - )。 

(引用:http://www.iamas.ac.jp/~sakane/profile/index_ja.html

ジャーナリスト出身にして、SFC創立時の教授・IAMASの初代学長でもあらせられるという、凄い方です。

さて、そんな方が書いた著書「拡張された次元」ですが、
この本は、坂根さんがジャーナリスト時代の1986年に1ヶ月以上にわたって「Art and Science」というテーマで、
朝日新聞に連載したものの再現版になっています。
この1986年という年は、メディアアートの業界では一つターニングポイントと言える年でもあって、
というのも、この年はArs Electronicaが毎年開催に変わった年でもあるからです。

そんなまさにコンピューターテクノロジーの台頭と、それによる周辺事象との様々な軋轢/衝突/和解が発生した時期の文章は、
当時を知らない僕らの世代にとって、貴重な資料と言えるわけです。

(ちなみにゼミで話した時、落合さんも「坂根さんの本いいよね」みたいな感じだったので、
やっぱり坂根さんの話と落合さんの話に通底するものがある、という感覚は間違ってなさそうでした)

映像・スライド資料

また、坂根さんの情報をネットで探していると、
東京藝術大学での講演や、別の大学での講義スライドがあったりしました。

PDF : http://www.sunadaphd.com/presentation/pdf/040326_kickoff_sakane.pdf

vimeo.com

講義のほうは、前後半合わせて4,5時間分あるので、
冒頭少し見て、坂根さんがどんな人か掴んだら、あとはスライド資料を読むのがちょうどいいと思います。

『Art and Science』

坂根さんのプロフィール部分にも、

芸術・科学・技術の境界領域

とあるように、一貫してArtとScienceを統合的に思考されている方です。
この点がまさに落合さんの思想と通底する部分です。

特に、坂根さんが語る、Jacob Bronowskiと Jonas Salkの話が好きです。
この両者は、結構前の時代の人と言えますが、
その考えは現代に持ち込んでも、未だに色あせない部分が多々あるように思えます。
(スライドや本の終盤部分を参照)

注目したいポイントたち

坂根さんの話から、いくつか僕が注目したいポイントを挙げていきます。

- 産業革命前後に見る、科学者と芸術家の社会的地位の乖離

落合陽一のメディアアート論を考える

Digital Nature メディアアート 現代アート

yamamoto-info.hatenablog.com

前回は、コンテンポラリーアートを僕のような素人が理解するためのガイドブック的な記事でした。
そしてその記事というのは、今回のための布石でもあったわけです。
今ここで、落合陽一さんの語るメディアアート論について考えておきたいのです。

そう思い始めたのには2つほど理由があります。
1つは、落合さんに対する批評・評論、特に落合さんの語るメディアアート論に対する批評が特に少ないように感じているためです。
批評が少ない原因として考えられるのは、

  • 落合さんの多面的な性質ゆえに、メディアアーティストとしての側面を単体で切り抜いて語りづらい
  • 研究成果という明確な評価が背景にあるために、批評しづらい
  • 日本でコンテンポラリーアートへの批評の土壌が十分でないように、メディアアートも批評できる環境にない
続きを読む

現代アートの読み方

Digital Nature メディアアート コンテンポラリーアート 現代アート

前置き

もうしばらく前のことになりますが、キングコングの西野さんが絵本を無料で公開した時に、
随所で批判や賞賛が起きていました。

spotlight-media.jp

そんな中、一つのツイートが目に入ります。

続きを読む

オシャレな空間を作る『照明デザイン』という仕事に触れてみて

日常 デザイン 照明

お久しぶりです。
またしばらく投稿が空いてしまいました。
今回は、今までとはまた方向性がだいぶ違う記事です。
『照明デザイン』というものについて好きに語っていきたいと思います。

というのも、実は2016/08~2017/02までの約半年間、照明デザイン事務所でアルバイトをしていたからです。
その時の経験も踏まえて、色々書いていけたらと思っています。

続きを読む

【読・論文】読書中の脳内音声について

今回読んだ論文

今回読んだ論文は、こちら。

How Silent Is Silent Reading? Intracerebral Evidence for Top-Down Activation of Temporal Voice Areas during Reading | Journal of Neuroscience

読書中の脳内音声に関する論文です。
脳内音声に関しては、昨年このような記事が出て、話題になっていました。

gigazine.net

続きを読む

友の死を伝え聞いて思う・・・

感想 日常

つい最近、友人の訃報を受け取った。
同級生だった。21歳の若さでだ。
あまりにも唐突だったので、一人でいるとそのことばかり考えてしまっていた。
そして、ご家族の意向か、近しい人達による配慮であろう。
SNSで拡散するようなことは避けてくれ。そう言われたのであった。

しかし、自分にはどうしても考えるところがあった。
自分が死ぬ時のことを思えば思うほど、よりリアルに感じてしまうことである。
その思いを、どうしても書き記しておきたい。

今回の記事だけは、ひっそりと公開するにとどめておく。
どこかでこの記事を見つけた人に、少しだけ届いてくれることを切に願う。

続きを読む

スノーデンを今少しずつ知り始める

Digital Nature 感想 メディアアート

最近、一番最初にスノーデンのことを知らせてくれたのは、このインタビューでした。

www.youtube.com

facebookでたまたま流れてきたのです。
「日本やばい」
という文脈のもとで。

このインタビューは、オリバー・ストーン監督の最新作『スノーデン』という映画の宣伝用インタビューだったわけで、
その映画『スノーデン』はまさに昨日日本で公開となったわけです。

www.snowden-movie.jp

さらに、この流れに乗ってか、WIREDでも直近のスノーデンへのインタビュー記事が発表されました。

wired.jp

続きを読む

【読・論文】脳波だけでドローンを動きまわらせる

読・論文 感想 日常 Digital Nature

論文を読んだら落合陽一方式でまとめるようにしているんですが、

who is 落合陽一

twitter.com

落合陽一方式

f:id:kenta-yam-124:20170126211216p:plain

slideshare より引用)

あくまでこのまとめは多くの論文を一つのファイルに簡潔にまとめて、
インデックス代わりに使用するというのが目的で、
論文読んでるときに、いろいろ気になったことをメモするのに、スペース的に足りてないわけです。

なので、たまにこうしてブログ中にまとめて書きながら、自分の整理+次に読む論文について考えていこうと思っています。
(もちろん Open Access の論文に限って)

今回読んだ論文

タイトルにある通り、脳波だけでドローンを動きまわらせる実験をやった論文です。

Quadcopter control in three-dimensional space using a noninvasive motor imagery-based brain–computer interface - IOPscience

自分の1枚まとめ

f:id:kenta-yam-124:20170126211848p:plain

続きを読む

市街劇はVRによって現代に復元できるのではないだろうか

VR劇シリーズ 感想 演劇 メディアアート パフォーマンス

以前から演劇×VRについて考えているということは、このブログでも記述してきましたが、
その企画は今、中断という形になってしまっています。
ひとえに自分の諸能力不足が原因であるのですが、
ただ、考えてきたことには価値があると思っています。
自分の備忘録として、これから次のアクションのためにも、

  • この企画をどうやって実現しようとしたのか
  • 何がダメだったのか
  • 今考えていること

を色々と書いておきたいと思います。
(たぶん、一回にはまとまりきらないですが)

そして、この企画を一番まとめて記録してある企画概要資料を載せておきます。

www.slideshare.net

ベースになる資料を自分が作り、友人にデフォルメしてもらってあります(掲載許可はもらっています)。
上記の資料内容も参照しながら読み進めていってもらえればと思います。

続きを読む

【Rhizomatiks × 野村萬斎】 FORM ~三番叟~ を見て

メディアアート パフォーマンス 感想 Rhizomatiks 野村萬斎

あけましておめでとうございます。
新年早々、というにはもう時間が経ってしまいましたが、久しぶりに書いていこうと思います。
あと、今年は読んだ論文についても投稿していくようにしていきます。

さて、タイトルにある通り、新年早々(1/3に)舞台を見てきました。

f:id:kenta-yam-124:20170106232333p:plain

j-cf.jp

Rhizomatiks真鍋大度)× 野村萬斎
という、完全に面白そうな組み合わせだったので、めっちゃ期待値高かったです。

続きを読む