技術と表現と

『技術と表現』をメインテーマに据えながら、自分の興味あることを日々綴っていきます

慶應にいた頃、編入を決める前に悩んでいたキャリアパス

ふとiphoneの過去の写真を眺めていたら、懐かしいものが出てきました。

yamamoto-info.hatenablog.com

この記事で振り返った大学生活の中でいう

11~12月 自分の将来について

に当たるもので、もうかれこれ1.8年前。 2015年の話です。

f:id:kenta-yam-124:20170724025724j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025730j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025741j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025746j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025750j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025753j:plain

f:id:kenta-yam-124:20170724025758j:plain

ちょうどHololensの発売発表とかあった頃で、このあたりからホログラムの教授に会いに行ったりし始めて、
その数ヶ月後に落合さんに会ったり、SFCの編入受かったり、色々変化が起こっていったんだなぁ、と
ふと懐かしくなりました。

この頃、「これだーー!!」と思っていたHololensの開発経験もできたし、夢を見るように思い描いていた技術についてはラボで日常的に話をしたり聞いたりできるようになったし、小さなことの積み重ねでこんなところまで来てしまったものだな。